癒しを求めて温泉へ

友達と国内旅行に行ったときのことです。一人一泊二食付で12,000円程のプランでしたが大満足の温泉でした。

国内旅行で伊豆に行くことは多いのですが、その中でももう一度行きたいと思った温泉は、伊豆天城湯ヶ島温泉「白壁荘」です。
ここには大きな一つの岩(重さ53トンの溶岩)をくり抜いたものと、樹齢1200年の木をくり抜いて作った露天風呂があります。
想像していた大きさを遥かに超えたサイズで、見た瞬間に友達と顔を合わせてすごいねと言い合いました。泳ごうと思えば泳げると思います。
ちょうど他の人が入っていなかったため貸切状態で満喫できました。夜と朝で男湯と女湯が入れ替わるので、巨石と巨木の両方のお風呂に入ることができました。

部屋食ではないのに個室での食事でしたのでゆっくりできました。お料理もおいしく、また旅館らしく丁寧な接客で、旅行に来ているのに故郷に帰ったような気分でとてもゆっくり過ごせました。
お部屋はゆったりとした広さで、窓の外には渓流が流れていました。やはり和室で過ごし布団で眠るという国内の旅館のスタイルが、日本人の私にとっては最高に癒されます。
旅館内は民芸と民話の宿という特徴で、いたるところに思わず写真を撮りたくなるような民芸品が飾られていて雰囲気が良かったです。
この白壁荘には露天風呂付客室もあるので、また国内旅行に行くときには是非泊まってみたいと思う温泉です。